砂漠写真 【小池キヨミチ】

砂漠写真 【小池清通】
 写真への思い
 プロファイル
 分岐点
 コロラドプラトー
 写真とは
 オリジナルプリント
 写真集・書籍
 米国撮影ツアー
 アーカイブ
  撮影裏話
 エッセイ
 大自然に思う
 潜在的な力
 ひとりごと
 展示会・講演会
 連絡先
 リンク
 フロントページ
 ENGLISH PAGE

 写真作家 撮影裏話 − 自然の私物感


アメリカ合衆国コロラド州には(2008年12月時点)4つの国立公園 (National Park) があります。ロッキーマウンテン国立公園、ブラック・キャニオン・オブ・ガニソン国立公園、メサベルデ国立公園、そしてグレイト・サンド・デューンズ国立公園 (順不同)です。格付けとしては一つ前の段階にあたる国定公園 (National Monument) は、ダイナソー(恐竜)国定公園、コロラド国定公園があります。

自然を保護する立場を強く持つ管理システムは、それぞれの公園内に生息する動植物を保護しながら観察していますが、ワイルドライフフォトと呼ばれる野生動物写真を楽しむ人たちも多く訪れます。私は近所の人工湖を囲む州立公園に渡ってくる野鳥の撮影もしていますが、エルク大鹿やコヨーテなどの撮影も楽しませてもらっています。以前写真仲間とロッキー山脈国立公園に行った早朝に思わぬ光景を見せられたことがありました。ある意味ではショックであり、言い方を変えれば気の毒な状況でもあったのです。

仲間の車で公園に入り、薄暗く少しずつ登る朝日の光を浴びて輝く樹木や草原を楽しみながら進んでいくと一台のトラックが対向車線に見えてきました。男性二人乗車の小型トラックで、通り過ぎ様に私たちと目が一瞬合ったのですが、運転をしてくれていたH氏は「彼らを知ってますよ。よくここに来ている連中です。」と言ってくれました。少し先に行ったところには開けたメドー(草原)が広がり、朝の柔く暖かいいい光を浴びて綺麗だったので当たりを見渡すと、ふと、そこに1匹のコヨーテが横たわり、のんびりと太陽熱を浴びて目を輝かせながらこちらを見ているのに気づきました。私たちは車を停め、急いで三脚を取り出してカメラを設置しようとしました。その時、背後から車の音が聞こえてきて、その車は私たちの前方に割り込むようにして入ってきて停車しました。その瞬間車中から二人の男が下りてきて私たちが撮影させてもらおうと思っていたコヨーテを追い払ったのです。そして私たちが声をかける時間を与えることなく、彼らは慌てるようにして立ち去って行きました。コヨーテを望遠レンズで追っては見ましたが、遠方に小走りに行ってしまって写る程度の画格になって草むらに消えていきました。その二人は少し前にすれ違ったトラックの男たちだったようです。彼らは写真を撮るH氏に気がついて、自分たちが撮っていた被写体を私たちも見つけると感じて戻ってきたらしいのです。

日本でも問題になっていますが、写真を撮りたい余りに礼儀や常識、時には法律もわきまえずに進入禁止地域に立ち入ったり、私有地を横切ったり、ひどい時には樹木の枝を切り落としながら、畑の野菜を踏みにじってさえしている連中が増えているようです。私はこういう写真撮影機使用者たちにはいい写真は撮れないと思っています。しかしながら、カメラとレンズによっては綺麗な写真画像は撮ることができる場合があるのも認めなくてはなりません。このコヨーテ事件は単にこの特定の二人がどうのこうのというものではなく、自然というものに対する考え方を再認識する必要がある時代だと感じたことです。彼らに対しては腹が立つというよりも気の毒に思いますし、意味のないその場限りの行動をよしとする人間性は情けなく思っています。

自然というものは人間を含む、全ての生物が共有するものです。見方を根本的なものにして言えば、自然が私たちを存在させ生かせてくれているのです。

「写真は撮るものではなく撮らせてもらうもの」

私が写真撮影をする時に常に感じることは、この気持ちからきています。そんな活動の中で、最も予測ができなく怖いものが人間です。動物は生きるために必要な行動しかしませんが、人間は感情的なものを押さえきれずに、意味のないそして予期できないことをすることがあります。これは写真撮影だけに言えることではないですが、物事への理解の仕方が正しければ、感謝の気持ちをもって何事も前向きにそしてプラス思考で対応しながら、与えられた人生という限られた時間の中で各々を最大限に活かしそれぞれに与えられた役を果たしていくことができると思っています。

 (在米写真作家 小池清通の撮影活動を通して経験した秘話・裏話を紹介)

 

 
ページのトップへ

写真作家 小池清通 コロラド事務所
「自然とつながる時」
Kiyomichi Koike Photography
10167 E. Fair Circle, Englewood, CO 80111-5448 USA
 TEL:720-489-9327 / Fax:720-482-9926 / E-mail: nature@usa-japan.com